シブヤマシナリー株式会社本社ビル

所在地 /金沢市北安江

竣工年 /1998年

延床面積/1,880.71㎡

構造規模/鉄骨造 地上6階建

 

 住宅や小工場がひしめいていた北安江は、駅西の発展にともない大店舗の進出や、幹線道路の整備により、徐々に商工の業務地区に変わりつつあります。計画地は北、東の幹線道路の交差点に面しており交通量が増加することも予想され、道路と建築の関わり方が設計上のポイントとなりました。


 シブヤマシナリー株式会社は津幡に本社、工場がありましたが、本社機能を伸びゆく駅西地区に移転することとなりました。


 敷地より建築の形態を模索しつつ、企業の持つイメージを具体化しました。配置計画では、民家が建ち並ぶ北側に空地を取り近隣の住環境を考慮し、ゆったりした弧を描く平面を交差点に沿って配置し、アプローチは交差点の交通状況を考え、側道にとりました。


 材料については特殊なものは避けて、一般的な材料をどのように選択し使用するかを考慮しました。竣工し、月日が経過しましたが、街のランドマーク的存在となり定着しつつあるように感じます。