アプローチと庫内

今後は収蔵品を維持管理しながら見学も可能になる予定。