石川県文化財保存修復工房

所在地  石川県金沢市出羽町1番1号

竣工年  2016年

 

 石川県文化財保存修復工房は平成9(1997)年に石川県立美術館の付属施設として、石川県庁出羽町分室に開設しました。県内のみならず他県からの修復依頼も受けて着実に実績を重ね、国・県・市等の指定文化財の修復にも携わってきました。

 当社で担当したのは、出羽町分室の老朽化に伴い石川県文化財保存修復工房を広坂別館の隣接地に新築・移転する計画です。大型の文化財修復にも対応できるように、装潢文化財の修復室は可動式分割壁を設置し、漆工芸の盛んな石川ならではの漆工芸修復室も新設しています。国立近代美術館工芸館の県内移転が決まり、文化財保存修復の拠点として今後ますますの活用がされています。